責任者   永田 太
1962年1月生まれ
25歳で極真会館熊本支部入門。
2年8カ月で初段取得。
熊本支部で初の二段習得。
第10回ウエイト制軽量級出場。
32歳で選手引退。
指導・青少年育成へ。
北九州支部三村支部長とは中学時代の同級生。

  指導員   永田 拳也

第1回 ワールド・ユースエリート空手道選手権大会 重量級 優勝者
1992年7月生まれ
3歳半で父(永田太代表)から道場に連れて行かれ
何もわからないまま道着を着せられ極真会館熊本支部入門。
幼稚園年中当時、道場でちょくちょく昼寝をし、
師範より “将来大物になるぞ!” と言われる。

体が大きかった為か、性格は大雑把。
試合の勝ち負けにこだわらず幼少期を過ごす。

小学校になり、試合の勝ち負けを理解。
小学校3年生で試合に負け悔し涙。
父に “空手が強くなりたい” と申し出る。

2009年4月
空手の幅を広げるため、本田ボクシングジムに入門。
本田会長よりボクシング技術を学ぶ。

HOME道場案内|クラス紹介指導員紹介入門案内
Copyright (c) 2009 国際空手道連盟 極真会館 熊本帯山道場 All Rights Reserved.